プラスチック容器のことなら確かな品質・安定供給の東北タチバナへ 株式会社東北タチバナ

conceptコンセプト

基本理念philosophy

株式会社東北タチバナは容器製造に携わる企業として、

①資源の有効活用をモットーとし、

②取引先そして社会ニーズと共存できる経営を目指し、

③将来にわたり継続的な企業活動を実現する。

環境方針environmental policy

第1方針独自の当社基準の策定と汚染の予防
環境関連法、規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守することとする。また、独自に当社基準を設け、汚染の予防と更なる環境負担削減への取り組みを継続する。
第2方針製品管理
食品容器を取り扱うことから、取引先及び消費者の満足を保証するため、人体及び環境へ悪影響を与える物質への対応を重視し、製造から廃棄までを視野に入れたライフスタイルでの製品管理を目指し、製品表示を徹底させると共に、自然環境と健康に配慮した信頼される製品を提供していく。
第3方針省資源、資源の有効活用と廃棄物管理
廃材を利用したリサイクル商品や機能的なリターナブル商品の提案、容器の軽量化など、省資源、資源の有効活用に取り組むと共に廃棄物適正処理及び削減に努め、更に購買活動においては、環境配慮型製品の購入を推進する。
第4方針使用済み容器包装への対応
使用済み容器包装に関しては、取引先と一体になって、その再資源化及び適性処理システムの構築に取り組む。
第5方針二酸化炭素排出に考慮した
省エネルギーの推進
二酸化炭素排出量の削減に配慮した省エネルギー化を通じて、地球環境の保全に努める。
第6方針環境保護
地域社会の発展に寄与していくため、森林保護等に取り組む。
第7方針環境方針及び環境活動の公開
この環境方針を初めとして、環境に関わる活動内容をホームページ上で公開する。

よきパートナーであること
それが私たちの
原点です

主役の食品とそれをつつみこむパッケージ、
魅力ある商品が生み出されます。

食品とパッケージの
より良いイメージ効果を創り出すために
私たちはつねにお客様の
よきパートナーでありたいと願っております。

SDGsの取り組み

持続可能な社会実現に向けた
SDGsへの取り組みで
社会・環境に貢献

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは、「Sustainable Development Goals」の略称であり、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」という意味です。2015年の「国連持続可能な開発サミット」にて採択されたアジェンダ(行動計画)で掲げられた、2030年までの国際目標となっています。

 

SDGsの最大の特徴のうちの一つが、「誰一人取り残さない」という理念です。前身となるMDGs(Millennium Development Goals:ミレニアム開発目標、2001~2015年)は主に発展途上国の社会開発に関する目標でしたが、SDGsは先進国・発展途上国を問わず、全世界に関わる目標であることが大きな特徴の一つです。

 

弊社では、環境に配慮した原料の模索や、太陽光発電による省エネを中心に取り組みをしております。

 

 

当社取組

再生可能エネルギーで
電力をまかない、
CO2を削減

 

①使用エネルギーへの取組

  • 太陽光パネル設置により再生可能エネルギーを活用し、年間237.37tのCo2削減(2021年7月)。Co2排出量取引で得た利益を花巻市に寄付、地域への貢献継続。
  • 弊社本社、及び本社工場内照明をすべてLED化(2015年10月)。
  • 本社工場屋根に遮熱シートを施工。建物通過時75%といわれる輻射熱の98%阻止する事により、大幅な使用エネルギー削減(為冷暖房効率)を実現。

 

②住み続けられる街づくりへの取組

  • 視覚障がい者の方へも優しい点字付きのふた(キャップ)。
  • 弊社社員の災害ボランティア体験から生まれた土のう袋詰め補助具。
  • 温かみのある木材を利用した高さ調整機能のある飛沫感染予防スタンド(抗菌済)。

 

③技術向上を目指した人材育成への取組

  • QC(品質管理)活動や社内セミナーの開催。

 

④ジェンダー平等への取組

  • 性別、国籍、障がいの有無によらない合理的基準による採用選考。
  • LGBT含め全ての人が平等に活躍の場を広げられるよう配慮。出産・育児への支援、ハラスメントを防止・解決するための相談窓口設置、安全衛生委員会設置。

 

⑤地球環境に配慮した商品開発への取組

  • 再生原料による環境配慮型PETボトル。
  • 生分解性プラスチック、バイオマスプラスチック、海洋生分解性バイオマスプラスチックを原料とした製品の開発。



上に
戻る